So-net無料ブログ作成

はごろもフーズ 製造工場は何処!?ゴキブリ混入で倒産の可能性も!? [事件]


はごろもフーズのツナ缶に、なんと
あのゴキブリがミックスされていたという事件…!


不快極まりない内容の事件なのですが、
例のツナ缶を山梨県のスーパーで買った女性が連絡したところ
製造元のはごろもフーズから

「他に同じ様な苦情が無いため、特に自主回収や、公表などはしない」
といった対応を取られたそうなんです。


食品会社として信じ難い、あるまじき対応ですよね?



実際にゴキブリが入っていたツナ缶の製造元工場と
はごろもフーズの今後(倒産の可能性など)について調べてみました。



スポンサードリンク






《 はごろもフーズ“ゴキブリツナ缶”の製造工場はどこ!? 》



ツナ缶のフタを開けたらゴキブリがこんにちは。


想像するだけで背筋が凍りそうなのですが
実際に混入されていたゴキブリのサイズは約1.5cm程ということで

不幸中の幸いでしたよね。


それがもし5、6cm程の(一般的な)
サイズだったとしたら、私であればとりあえず
速攻で窓を開け全力でその缶を遠投しますよ。



で、何が気に食わないかというと


■他に同じような苦情が無いうえ
■はごろもフーズの工場も幾つかあるため
■製造工場については公表しない

という、完全にあちら側の事情しか考えられていない
その対応の酷さですよね。



その身勝手な事情のため、どこの工場で製造したのかは
正確に特定することは出来ないのですが、社内調査により
どうやらある程度の目星は付けることが出来たそうです。


その結果というのが、


「静岡市清水区内にある下請け会社(の製造過程で混入)」

の可能性が高いというもの。



現時点で解っているもので挙げれば、以下内容となります↓


【はごろもフーズ関連】
S005  静岡焼津工場
G2    静岡市にある自社工場


【下請け工場の可能性がある番号】
S006  静岡市にある協力工場
S028  静岡県焼津市にある協力工場
OKT   静岡市にある協力工場
FNK   静岡県の工場
P1    静岡県の工場



上記の【下請け工場の可能性がある番号】が
記載されてあるツナ缶には注意が必要ですよ。



実際にゴキブリが入っていたツナ缶の製造年月日は
2014年12月ということなので、特にその年月日のものについては
極力避けるようにした方が良いかと思います。



スポンサードリンク






《 ゴキブリ混入で倒産の可能性も!? 》



「混入商品の製造日から1年10か月が経っていますが、
ほかのお客さまから同様な申し出がなく、混入は偶発的
なもので連続性がないと判断しました。このことから公表
も自主回収もしませんでしたが、27日夕方にニュースが
流れたため、心配になるお客さまもおられると考え、
公表することにしました」


これは、公表が遅れ、自主回収もしていない
ということについて問われた際の
はごろもフーズの回答です。



「判断しました」って、いやいやいやいや。。

命に関わる食品を扱う会社が
そんな安易で独断的な判断をしていて大丈夫なのかと。



過去似たようなケースで
ペヤングゴキブリ混入事件がありましたが


その時は、ぺヤング側はすぐに

公表→自主回収→工場停止 →生産工程の見直し

という迅速且つ誠実な対応があったお陰もあり
何とか復活、今でも普通に買っている人も見かけますよね。



それと比べ

「他に同様の申し出がない」=「他の缶には一切混入していない」

と判断するというのはあまりに安易で独断的です。



もし現状のままの対応が続くとなれば
「はごろもフーズ倒産」という事態になることも
リアルに考えられるのでは思います。



《 最後にまとめ 》



「なぜツナ缶にゴキブリが…!?」


と今回の件を聞いて驚いている人も多いそうですが
ゴキブリは別名「油虫」とも呼ばれているように
とにかく油のあるもの、場所を好むんですね。

おまけに嗅覚も優れているので
何処かしらかシーチキンの油の匂いを嗅ぎつけ
人間には想定できないようなルートから
製造工場内へ侵入したのではないかと。



とにかく、はごろもフーズとしては
消費者の安全を一番に考え、すぐにでも(ぺヤングがそうしたように)
自主回収・製造中止・工場のリニューアル
などの措置を取るべきかと思います。


たった1匹のゴキブリが原因で会社倒産
というのはあまりに酷ですしね。



スポンサードリンク






最後までお読み頂きありがとうございました(_ _)。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

OJシンプソン事件の真相と現在がヤバイ!?真犯人は誰? [事件]


OJシンプソン事件の真相と現在について
話題の熱が上がっているようですね。


ところでOJシンプソン事件って
そもそもどういったものかご存知です?

1994年にアメリカで起きた事件なのですが
なぜ今頃になってそんな昔の事件について
話題になっているのかというと

当時、映画化されたり日本のテレビでも取り上げられる
大きな注目を浴びた殺人事件だったにも関わらず、
現在まだ「未解決」として扱われている事件なんですね。

つまり犯人が逮捕されていないまま
だということ。


今回はそんなOJシンプソン事件の真相と現在、
そして真犯人の存在について迫っていきたいと思います。



スポンサードリンク






OJシンプソン事件とは?【概要】



まずOJシンプソン事件の概要について説明します。


事件が起きたのは1994年6月13日
深夜のロサンゼルスでの出来事でした。

被害者はOJシンプソンの元妻ニコール・ブラウンと
その友人であるロナルド・ゴールドマンの2人で
ニコールの自宅玄関前で無残な姿となって
死亡していたところを発見されました。


話によれば、事件現場を見た警察官は
ほとんど迷う事なくOJシンプソンのもとへ詰め寄り
犯行容疑をかけたそうだが、その理由として

殺害されたロナルド・ゴールドマンは
180cmの長身で格闘技の達人、並みの一般人ではまず敵わない男性ではありますが
逮捕されたOJシンプソンはそれを上回る185cmの身体に加え元アメフト選手という
明らかに一般的とは程遠いレベルのパワーを持った男。

さらには元妻ニコール・ブラウンへの
DV疑惑まで把握済みであると。


これは確かに、OJシンプソンの元へ直行した
警察官の心境には納得できますね。


そして最終的に、OJシンプソンのアリバイが不明であことに加え
多数の状況証拠と物的証拠などが出揃い
犯人として正式に断定され、後に逮捕される形となりました。


裁判でまさかの無罪



しかし、ここで事態が思わぬ展開を迎えます。


誰もがOJシンプソンに有罪判決が下される
と考えていた裁判の場で、なんとまさかの
無罪判決という結果となったのです。

OJシンプソンが無罪を勝ち取ることができた理由はこうです。


まず結論から述べると、

大金を出して超優秀な弁護士を雇った

ということ。誤解を恐れずに言うと
「金にものを言わせた」といったところでしょうか。


OJシンプソンが雇った弁護士は
当時、全米最高レベルと言われ、その裁判費用は
日本円でなんと5億円…!

それだけの、まあ有り得ないような額の費用を要求する訳なので
その弁護士の方もまあ有り得ない位に優秀で頭がキレたという事で

元々状況証拠的には圧倒的不利なOJシンプソンの立場を
重箱の隅を突くが如く、検察側の小さなミスに着目しては
針の穴を通すように正確無比な論理建てで
どんどんと立場を逆転させていく。

そして被害者が白人で、容疑者が黒人という点にも着眼し
最終的には「人種差別問題」として扱うことで、世間を含め
陪審員の心情まで巧みに操作しようとしたとのこと。


そしてこの策略が見事にハマり、弁護士側が思い描いていた通り
人種間で意見が真っ二つに分かれる大きな人種問題に発展し
極めつけには、この事件の証拠を発見した刑事自身が人種差別主義者である
という事が判明し、それがきっかけとなり陪審員の意見は一気に逆転。


こうしてOJシンプソンには無罪判決が下されたのでした。



スポンサードリンク






OJシンプソンの現在は?



そんな超優秀な弁護士の協力もあり
見事な逆転裁判劇で無罪と下されたOJシンプソンだが
現在はどこで何をしているのか?

実はなんと、刑務所に収監されているとのこと。


経緯としては、2007年9月16日、仲間5人で拳銃で武装し
ラスベガスのホテルに侵入、強盗の容疑で逮捕されたそうです。

いやいや、またそんな事をしたら
5億円も払い超優秀な弁護士達とやっとの思いで勝ち取った無罪判決という宝を
自らドブに捨ててしまうようなものではないか、と思ったのですが
OJシンプソンとしても止むを得ない事情があったらしく

どうやら民事訴訟による賠償金の額が相当なもの
だったらしいんですね。

それを物語る証拠として、まずOJシンプソンの持ち家を差し押さえられ
それでも足りなかったため、アメフト時代に獲得したハイズマン賞のトロフィーまで
売り払ってしまったそうなんです。


そこから更にそのホテル強盗ですからね、
とにかくハンパではない借金額だったのでしょう。

この強盗の一件で、OJシンプソンは2008年12月5日に
合計33年の懲役刑を宣告される形となり
仮出所は早くても収監9年目以降になるとのこと。



真犯人はほぼ確定?



はっきり言って、OJシンプソンのこれまでの経歴を見る限り
OJシンプソン事件の犯人は、ほぼ確実にOJシンプソン当人である
と言い切ってもいい程だ。

ただ、アメリカの刑事裁判では
一度下った刑が覆ることは原則として無いという制度となっており
いくら物的証拠や状況証拠が出揃ったところで、OJシンプソン本人からの
自白がない限りは犯人として特定することはできません。


しかし繰り返しにはなるが
OJシンプソン事件が起きてから現在までに発見されている
物的証拠、状況証拠に加え、

事件以来22年もの間、真犯人が見つかっていない
ということなども踏まえると、犯人はOJシンプソンだった
という結末が最もナチュラルであるという風に私は思います。



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

塚越裕美子が高田馬場異臭事件の容疑者として逮捕 「如月優」として自称アイドル活動をしていたヤバイ女? [事件]


連日騒がれていた高田馬場異臭事件ですが
塚越裕美子容疑者(36)が傷害の疑いで逮捕されました。

この塚越裕美子という女性、
逮捕時の写真を見るだけでも
明らかに普通では無さそうですよね。

画面越しからでも、何か異様な雰囲気というか
直感的に「ヤバい」と感じてしまう程
ヘンな言い方ではありますが「なるほどこの人が犯人か」と
思わず納得してしまう自分がいました。


そこで気になったので調べてみたところ
やはりこの塚越裕美子という女性、想像通り、いやそれ以上の
危険な歴史を歩んできていたヤバイ女でした。

何やら「自称アイドル」としても活動していたそうですが…

その辺も踏まえて詳しく見ていってみましょう。



スポンサードリンク






逮捕前に「自分は芸能人だ!」と名乗り容疑を否認



まず始めに気になったというか、ヤバイと感じたのは
塚越裕美子が自らを芸能人だと名乗っていた
という事です。

またそれを理由に容疑を免れようとしていたとのこと。

芸能人を名乗るのは勝手ですが、それを理由に犯した罪の容疑
を免れようという考えはどうかと思う上、正直言ってアノ風貌では
誰にも信じてもらえないのでは?というのが
視聴者の大半の意見だと思います。


ここでの画像掲載は控えさせて頂きますが
気になる人は「塚越裕美子 画像」で検索してみて下さい。

女優やアイドルというより
むしろ明らかに「犯罪者顔」という
印象を受けます(容姿の造形ではなく表情の事を指しています)。

何というのか、オウムグループとか
とにかくアッチ系な感じです。


またこれも塚越裕美子のブログやツイッターを
調べてみると分かりますが、とにかく発言内容が支離滅裂
明らかに事実とは信じ難い、空想の出来事のようなものが綴られています。


逮捕前に行った警視庁の事情聴取に対し

「痴漢の被害に遭い、犯人に似ていたのでやった」

と主張していたようだが
実際の逮捕後の取り調べに対しては

「私はそんなことはしていません。
 高田馬場駅にも行っていません」


と容疑を否認しているとのことで
このやり取りを見るだけでも
明らかに文脈の前後関係が破綻している
という事がわかりますね。


また塚越裕美子は大のジャニーズファンでもあるそうで

「今日は松潤とデートしてきた~♪」
「山田涼介君とのお泊り楽しみ~♪」


などといった内容のツイートが散見されます。

はい、ヤバイ匂いしかしません笑

逮捕後の調査で自宅からは催眠スプレーの缶なども
発見されているそうですが、他の何か特殊なスプレーなどを吸いすぎて
思考回路が正常に機能しなくなってしまっているのではないか
という心配すら覚えます。


今回の一件で、男女約10人が
病院搬送される被害となりましたが、もしかすると
この程度で済んだお陰で良かったのかもしれません。

この塚越裕美子という女性、あのまま逮捕されずにいたら
と思うとゾッとしますね。。



スポンサードリンク






「如月優」としてアイドル活動?



前述しましたが、塚越裕美子容疑者は
(自称)アイドルとしても活躍していたとのことで、

どう見ても嘘にしか思えなかったのですが
一応調べてみたところ、何と実際にアイドルという形で活動していた
過去写真画像を発見したのです。


「如月優」というなかなかに洒落たネームで
1992年生まれという(無理な)設定。

これまたここでの画像掲載は控えますが
実際に検索して見てみると、その「不自然さ」には
ある種の恐怖すら覚えます。コレで、

「1992年生まれの如月優です♪」 

とか言われても…

まあ本当に形だけのアイドルといったところなのでしょうが
実際にアイドル(如月優)として活躍していた
という事は確かだったのですね。


そして気になるのが犯行に及んだ動機ですが
この部分に関しては詳しい情報が公開されていませんので
判明するとしたら続報という形になりそうですね。

いずれにしても、まずは塚越裕美子容疑者に
被害にあった方々へ対し、しっかりと謝罪の方をしてもらいたいと思います。



スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マツダ社員寮殺人 犯人の上川傑は犯行後に彼女と宮島デート!?家族構成や生い立ちは? [事件]


マツダ社員寮殺人事件で上川傑容疑者が逮捕された件。

死亡した同僚・菅野恭平さんから
事件直後に現金120万円と携帯電話を奪い取るという
明らかに計画的で卑劣極まりない行為であると思いますが

その上川傑容疑者について調べていった結果
事件内容そのもの以外に、色々と衝撃的な事実背景
浮き彫りになってきましたので、今回はその件について
詳しく触れていきたいと思います。



スポンサードリンク






殺人犯行後、彼女とデート!?



第一の衝撃はこれです。

マツダ社員同僚である菅野さんを殺めた後
交際中の彼女と宮島へデートをしにいっているという事実。

これは噂でも説でも無く完全なる事実です。

証拠として、試しに
「上川傑 宮島」などで検索してみて下さい。


犯行後の上川傑容疑者と
交際中の彼女とみられる2人でのツーショット画像が散見でき
SNS上での発言やその背景写真から
デート場所が宮島であるという事も確認できます。

そして驚くべきは上川傑容疑者の態度です。

直前に、人を殺めておきながら
これだけナチュラルで悠々とした表情がとれるものなのだろうか。。

個人的には極めて謎であり疑問です。


ただ、アップされている写真を見る限り
事件後の雰囲気、空気感などとういものは
一切感じられないほど自然であり、むしろ
楽しそうな雰囲気まで伝わってきます。


そして、犯行後のこの一連の流れへの疑問感に
更なる拍車をかけるのが、「一件落着(絵文字)」という
上川傑容疑者の彼女がSNSで発したコメント。

この一言からだけでは、一体何が「一件落着」なのか
という事の真相は定かには出来ませんが、普通に考えて
犯行後、現金120万円を奪取した直後という前提を踏まえると
事件と無関係であるという風にはまず考えられません。

上川傑容疑者と彼女、2人そろって
やはり普通の神経をしているとは少し考え難いものがありますね。



スポンサードリンク






上川傑容疑者の家族構成や生い立ちは?



卑劣な犯行内容に加え
その後の尋常ならざる行為から
ある意味では興味深いとも感じてしまう上川傑容疑者ですが、

その家族構成や生い立ちという部分に関しては
どのようなものになっているのでしょうか?


まず家族構成についてですが、
残念ながらこちらに関しては現時点において
ほとんど情報が公開されていない状況です。

ただ、出身高校の方は愛媛県北宇和高校である
ということが判明しているようで、自然な経緯としては
地元愛媛県で高校卒業後、職場のある広島へ引越してきたという流れになりますね。


また、生い立ちについてですが

上川傑容疑者は事件前から
職場でもあまり上手くはいっていない様子で
SNSでは職場(仕事内容)に対する不平不満のコメントが目立っていたとのこと。

さらにはギャンブル好きな性格で、夜勤明けなどでもよくパチンコに行き
負けて所持金をすり減らしては、時に同僚の財布から現金をかすめ取ったり
今回の事件を匂わす問題行動を起こしていたそうです。

この事からも、とても素行の良い人柄とは呼べず
生い立ちや家庭環境もあまり良好ではなかったという風に
考えられますね。


そういった性格や金銭問題、さらに加えて
日常的なストレスに晒されている中
同僚である菅野恭平さんの偶然の一言がきっかけで
今回のような事態にまで発展してしまったのでしょう。

しかし、生い立ちや現在の職場環境が
どれほど酷い状態であったとしても
だからといってそれを、人を殺める理由として正当化していい
などという事は絶対にあってはならないと思います。


上川傑容疑者には、菅野恭平さんご本人含め
ご家族や親族の方々の分までしっかりと
償っていってもらいたいものですね。



スポンサードリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ