So-net無料ブログ作成
検索選択

ミス慶應 中止はなぜ?理由の真相は「別に」あった!飲酒はオモテの口実だった!? [スキャンダル]


ミス慶應中止の理由に、こんなヤバイ裏事情があったとは、驚きですね。


慶応大学の目玉イベントの一つで
女子アナの登竜門とも呼ばれていた
「ミス慶応コンテスト」の突然の中止発表で、世間では
「なぜ?」「理由を教えてくれ!」と落胆の声があがっていましたね。

そんな中、「飲酒強要」という事実の判明と共に
ミス慶應主催の「慶応大学広告学研究会」が解散する(事実上の強制解散)
という一件で、とりあえずは落ち着きを見せたかと思っていたのですが…



やはり、ヤ●サーの噂は本当だったんでしょうね。

裏には大学側に揉み消された「エグい事情」があったようです。



スポンサードリンク






《 ミス慶應中止の真相 》



これで「慶應=ヤ●サー」の噂の信憑性が
不幸にもますます高まることになるんでしょうね。。


ミス慶應中止に対する世間の疑念や避難の声を
一旦は落ち着かせる形となった「慶応大学広告学研究会の解散」の件ですが、


そもそも、何かちょっとヘンじゃね?

とは感じませんでしたか?
(私は純粋に感じました)


1922年創立の歴史ある慶応大学広告学研究会という一つのコミュニティが
たかだか未成年の飲酒という問題で(もちろん犯罪に違いありませんですし今年だけでは無いという事ですが)強制解散処分となる

というのは、あまりに急で重過ぎる措置なのでは?と。



《 同サークルの未成年女性に対し不貞な行為 》



で、蓋を開けてみたらコレですよ。

つまり、ミス慶應中止の本当の理由(真相)は


同サークルの未成年女性に対し不貞行為をはたらいた

というオチ。


以前も似たような事件で騒ぎとなり
「慶應はレイパーの集うヤ●サーなんじゃないか?」という良からぬ噂を立てられ
慶応大学側もエライ迷惑だったかとは思いますが
そんな中で「こんな事」が発覚してしまっては、もう立場がありませんよね。


そりゃオモテ向きの口実として
「とりあえず強制飲酒って事にしておこう」という流れになるのも解ります。



スポンサードリンク






《 被害に遭った18歳のA子さん 》



18歳の女子に対し男6人がオオカミになるとは、、

まさにゲスが極まってますよね。



この件のあらすじを軽く説明すると、

まず慶応大学広告学研究会が毎年夏期に運営している
“海の家”というものがあるそうなんですが、事件当日の日に
その海の家の解体作業を男子学生6人で行っていたと。

そしてその作業後(まあ乾杯的なノリなんでしょう)酒を飲むことになったらしく
その場に6人の顔見知りだった1年生のA子さんを呼び出したそうです。


酒に男に女。

既に怪しい匂いがプンプンしますが、案の定
酒を飲んで意識がハッキリしていない状態のA子さんに
6人の男子学生が次々に襲いかかっていったそうで
しかもその様子をスマートフォンで撮影していた
というのだから本当にゲスが極まっているとしか思えません。



そしてその事を知ったA子さんの母親が
その後大学に被害を訴えたのですが、それに対し慶応大学学生部は
「なら警察にでも行けば?」という驚愕の塩対応…!

しかもそれだけならまだいいとして、最終的には
「無かった事」にされていたという訳なので、もはや言葉が出ません。



《 犯人の学生は? 》



まだ今回の真相が判明してから間もないので
現時点では闇の中ですが、おそらく特定までは時間の問題でしょう。


被害に遭ったA子さんは、酒で意識が通常通りではないとはいえ
これだけの事をされた訳なので相手の顔や特徴位は
記憶に残っているはずです。

今回のミス慶應中止の真相が明らかになったのも
おそらくは、A子さん(の家族含め)が大学は当てにしていられないと
直接警察に駆け込んだなどをした事によるものでしょうね。



・未成年による飲酒
・未成年へ対する集団での不貞行為
・大学側による(集団不貞行為の)事実の揉み消し


これら全てが公になれば、慶応大学というものの立場やブランドに対する
世間の見方が(もちろん悪い意味で)変わるというのはまず違いないでしょうね。


個人的には、現在の“無法地帯”にメスを入れるには
丁度いい機会なのでは?と思っていますが。


今後も引き続き、犯人の素性や事態の進展など
最新情報が入り次第、随時追記していきたいと思います。



スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。